商店街(商店会)の活性化するために、今できること
中小企業の経営コンサルタント
売上アップ・営業力強化・人材育成・プランニング
Webサイト・システム構築・ネットとリアルの融合
指導内容最新の情報会社概要尾島塾お問合せ
商店街(商店会)の営業・販売力を即アップしながら、ネットやシステムを活用・マーケティング

限界集落は都市近郊で増えています。
農村過疎と異なり、高齢化地域のすぐ近くで新たな都市開発、大型ショッピングモール誘致、地域ネット販売が行なわれます。
数年後はこの近隣に違う大型ショッピングモールが出現します。
リアルだけでなう、ネットも競合が日々増えていきます。
人口増加の基盤がない競合激化、経済背景の不安で、商店街は本来の役割を見直す時期に来ています。
町おこし、商店街(商店会)の活性化のあり方を、ひとつのモデルサイトを運営しながら、お伝えできればと思います。
このモデルサイトは、強みや特長を含まない基本ベースですので、実際に活用するには、本格的なビジネスプランニングを多く仕掛けます。まぁ、ご参考になればという思いです。

モデルサイトはコチラ  

メルマガ登録・解除
 



■概要
商店街の種類
活性化の障害
商店を元気に

■現状分析
交通量の激減
観光名所の人気
集客地の衰退
駅周辺の環境
限界集落と商店街

■対策
固定観念をはずす
商店の強さ
購入単価と購入頻度
ネットの導入
サイトをどう作りどう売る?

■コンサルティング
商店街のコンサルティング
商店街サイトのアクセス
モデルサイトの意味
ネットとリアルの融合

HOME
お問合せ

経営コンサルタントのサイトへ戻る

■関連サイト
ネット販売研究会
電話営業研究会
飛び込み営業研究会
アフラック保険通販
お得カモ


強みと弱み

笑顔ライフ
商店街(商店会)の種類
商店街(商店会)を通るとき、あまり意識をしない場合も多いのですが、それぞれの商店の特長があります。
基本は人が集まるところには、ビジネスになりやすいのは昔も今も同じです。

商店街(商店会)の活性化を考える場合、まずこの商店の種類を考えてみましょう。

地域関連

◆街道沿いの商店街や城下町の商店街(商店会)
歴史がある商店街(商店会)です。
これらの商店は、着物やお茶、お米、和菓子、乾物、金物、こういう昔の必需品や花形産業が多かったのです。

また遠方からこちらで宿泊して仕事をすることも多くありましたので、今のようなホテルではなく、昔ながらの旅館なども良く見かけます。

街道沿いにあるのは、宿場町や城下町などの由緒ある地域も多いです。
昔の街道沿いや城下町の商店主は、もともと上流武士や庄屋、長年の歴史のある商家のケースが多く、現在でも、かなりの資産を持つ大地主であるケースもあります。

◆繁栄した場所に出来た商店街(商店会)
炭鉱や鉄鋼業で急に人口が増えた地域などが該当します。
今では考えられませんが、こういう地域全体がその仕事中心で繁栄していました。
それまでの農業や漁業に変わり、主要産業となり、その地域の人口も数十万人と膨れ上がることもありました。

また昔の住居対策としてできた団地とかも、とにかく人口が増えていました。
暖地の誘致は駅に近い場所もそうでない場所もありましたが。

これらのように人が多くなった場所に商店街(商店会)が出来るケースが自然と増えていきました。
地域

◆観光名所の商店街(商店会)
観光名所であれば、常に人が流れてきますので、商店街(商店会)が形成されやすいです。
観光や産業に魅力がある場合、安定した集客ができます。

どうしても観光名所にあった特産品などが多くなります。
ただ規模が大きいと旅館や日用品など大きな商店街として出来るケースがあります。

◆駅の側の商店街(商店会)
駅が出来れば、当然人の流れが多くなります。
その駅の規模、人口にもよりますが、商店が増えました。

もちろん行政なども、商店街(商店会)に力を入れた地域が多くあります。
駅周辺に商店街(商店会)が非常に数多く存在するところもあれば、そうでないところもありますが、立地や開発状況にもよります。


Copyright Egaolife.Co.Ltd ALL Rights Reserved.